読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

頭の中の片づけが苦手である

私は頭の中がいつも散らかっているような気がする。

一つのことを考えていたはずなのに、いつの間にか別のことを考えているなんてことがよくある。気が散りやすい。

原因を考えてみたけれど、よくわからなかった。

考える力が弱いのか、いろいろな事を考えすぎてて収拾がつかなくなっているのか。思いついたのはそんなところ。昔から物事を論理立てて考えるのは苦手だった。

ひとつ、思っていることは、いろいろなことを考えてしまう原因の一つとして、ACであるからなんじゃないかって思ってる。

私の場合、自己主張が苦手で相手に意見することがなかなかできない。その場合、自分の中にある言いたいことが消化されず、くすぶることになる。そうなると結構後にひきずって、しばらく言えなかったことに対する怒りとか、ぶつけられなかった相手を恨めしく思ったり、脳内で啖呵を切るように言う妄想をしたりと非常に忙しい。

だから注意力も散漫になるしほかのことをじっくり考えることができない。

この状態があらゆる場面で起こっていて、特に大きなこと、Yにさみしさをつたえられないことなんかは一日に一回はうじうじっと考えや妄想を繰り広げてる。

外に発散できずに飲み込んでしまったものが、消化不良を起こして頭の働きを鈍くしてしまっているのかもしれない。食べ過ぎで胃がもたれてしまうみたいに。

そう考えると、その場でパッと伝えてしまうことの重要さを実感する。

言わないと今の環境が続くから、変化を恐れる私はどうしてもそちらを選んでしまう。あと、愛される私が想像できなくて、愛を求める自分をみっともない的外れなことをしている人間だって思っちゃうんだよなあ。

その二つが大きなブレーキになって外に出せない感情が山ほどある。それが増えすぎてしまっているのかもしれない。

少しずつ、言いたいことを言えるよう努力している。

ACだって気づいてなかった頃は病気で臥せっている状態で、それが長く続いて心が蝕まれ、ずっと寝たきりだったというようなイメージを私は持っている。

ACを自覚し、少しずつ変えようと思ったころから病気が回復し歩けるようになった。今の私はきっとこのあたり。そんな病み上がりの状態でいきなり山登るだとかマラソン走るなんて無茶なことできるはずもなく、少しずつ散歩したりしながら鳴らしていくしかない。

だから、いきなり自分をさらけ出すことはできない。Yにさみしいからもっと会いたいよっていうのも、まだどうしても口にできなくて、それは私にとってマラソンなんだと思う。だから、言えなくてもダメだって思わない。少しずつ表現できるようになっていけるって信じて、ゆっくり自分の成長を見守っていきたい。

そうして自分の気持ちを表現していくことによって、頭の中もすっきり整理されていけばいいなあ。